コラム「マンション管理110番」

㉘ トイレに流せる“おそうじシート”

 トイレを掃除するときに、使い捨のトイレ用おそうじシートを使うことが主流になってきています。

 ナノ繊維入りで厚手で丈夫な立体シート、便器・フチ裏・床・壁まで1枚でまるごと拭けると便利なグッズです。

 しかし、先日このシートが原因でトイレの配管がつまり、その配管系統すべての使用が禁止になったマンションがありました。

 

 事件は1階の居住者が外出から帰って来た午後に発覚しました。トイレを使用していないのに汚水であふれている状態でした。すぐに管理人さんに連絡、助けを求めました。緊急手配後、管理人さんからは「外出前に何か流されましたか?」「原因が専有部なら費用負担があります」と告げられました。

 業者が到着して、薬剤を散布した後ラバーカップ工法をしましたが、つまりは解消されず、別料金で次の部隊を手配できるとの説明でした。管理人さんの判断で、別業者に依頼することとし、夕方に新たな業者が到着、つまりが発生した6号室系統にはマスがないため5号室系統のマスから高圧洗浄による作業を開始しました。6号室系統のトイレの使用は禁止したため、逆流による汚水のあふれは収まりましたが、原因究明・除去には至りませんでした。

 1・2階のトイレが和式タイプのため脱着することができず、作業は進まず、時間だけが過ぎて行きました。22時を過ぎたため大きな音を出す作業はできないと判断して、6号室系統のトイレ使用禁止は継続され、次の日に作業をすることになりました。

 翌日、ベランダの床をはつり、配管に穴をあけ、高圧洗浄もしくは電動トーラーでつまりの除去をする方法を選択して、作業に入りました。電動トーラーにより何枚も重なったシートと尿石がでてきて、つまりを除去することができました。原因は尿石にシートが絡まり、合流部分につまりが生じたためでした。

 

 発売元に「同じような事象はないか」と尋ねたところ「JIS規格に適合した商品で、事象を公表することはしていない」との一般的な回答でこれ以上話しても前向きな解決策に繋がらないと思いました。

 

 確かに製品には小さな字で『使用後はトイレに流せます。つまりを避けるため半分ずつ大の水量で流してください。』『トイレに流さないときは可燃ゴミとして処理してください。』と書かれてありましたが、使用者が清掃後シートを半分にして大の水量でシートを分けて流しているとは思えません。

 管理組合として今すぐできることは、「トイレにはトイレットペーパー以外は流さない」とし、おそうじシート類は可燃ゴミとして処理することを徹底することだと思います。今まで特に問題のないマンションは、たまたまラッキーだったと思い、早く広報することをお勧めします。

 

お知らせ

2018.12.14

マンション管理110番に理事長さん①を追加しました。

 

2018.10.31

マンション管理110番に電気自動車用充電設備等を設置するにはを追加しました。

 

2018.08.01

マンション管理110番に理事になったら点検作業へ立会うを追加しました。

 

2018.07.31

マンション管理110番に新4K・8K衛星放送への対応を追加しました。

 

2018.06.13

マンション管理110番にトイレに流せる“おそうじシート”を追加しました。

 

2018.06.12

マンション管理110番に管理規約の改正を追加しました。

 

2018.06.11

マンション管理110番に防災計画が資産価値に影響するを追加しました。

 

2018.01.04

マンション管理110番に「マンション管理の将来」一考を追加しました。

 

マンション管理110番に老朽小規模マンションの生き残り作戦を追加しました。

 

2017.11.24

マンション管理110番に民泊等禁止の総会議案例 Vol.2を追加しました。

 

2017.10.28

マンション管理110番に管理規約の改正を追加しました。

 

2017.04.30

マンション管理110番に民泊等禁止の総会議案例 Vol.1を追加しました。

 

2017.04.27

マンション管理110番に長期修繕計画と輪番制を追加しました。

 

2017.04.23

マンション管理110番にマンションの防災マニュアル作成前にやっておくべきことを追加しました。

 

 

マンション管理110番に「被災者生活再建支援法と管理組合」を追加しました。

お問合せ
お困りのことは