マンション管理士活用メリット

現在、多くの管理組合が輪番制で理事を選任しています。

輪番制による理事会運営の弱点は、

①個人の資質ややる気により理事会のレベルが一定に保てない

②任期終了後も同じ建物に住み続ける状況下で、在任中他の区分所有者が不適切な行動をしていても指摘することを躊躇してしまう等があげられます。


理事の精神的な負担も軽減しながら、管理組合のレベルを維持、経験や情報量から長期的な視野にたてるマンション管理士を管理組合の運営に組み込むことは、管理組合にとって有効で現実的な方法です。


1. 理事の負担が軽減できます

2. 管理組合の主体性と継続性が確保できます

3. 誰が理事になっても運営が安定します

4. 専門家からアドバイスが得られるため、

  自らの意思で適切な管理を行うことが安易になります

5. 理事就任への不安が取り除かれ、安心が生まれます

 

お知らせ

2017.10.28

マンション管理110番に管理規約の改正を追加しました。

 

2017.04.30

マンション管理110番に民泊等禁止の総会議案例を追加しました。

 

2017.04.27

マンション管理110番に長期修繕計画と輪番制を追加しました。

 

2017.04.23

マンション管理110番にマンションの防災マニュアル作成前にやっておくべきことを追加しました。

 

2017.02.10

マンション管理110番に管理会社選定時に加えてほしいポイントを追加しました。

 

2017.02.09

マンション管理110番に「この見積り金額は妥当か?」を知りたいを追加しました。

 

2017.02.04

マンション管理110番に輪番制理事になってやるべきことを追加しました。

 

2017.01.29

マンション管理110番に適正な管理体制なら火災保険料が割引き「マンション適正化診断サービス」を追加しました。

 

2017.01.22

マンション管理110番に「被災者生活再建支援法と管理組合」を追加しました。

お問合せ
お困りのことは